電動鉛筆削り6 - エグザクト(X-ACTO) ビスタ(VISTA)

スポンサードリンク
前の記事でも紹介したように、アメリカで鉛筆削りといえば必ずその名が出てくると言って良いボストン(BOSTON)。もともとそのボストンの製品だったものに、吸収先のエグザクト(X-ACTO)の名がプリントされて出回っているのが、このエグザクト ビスタ(VISTA)。

特徴的なのは、上から見るとカラスミ型になっている本体の左側に鉛筆を差し込むホールがあり、右側に鉛筆立て、そして中央にはデジタル時計が付いていることで、これひとつで、本来の鉛筆削りとして機能以外に、机上に必要な機能を2つもプラスして持っているということ。

もちろん、鉛筆削り本来の機能としての削り心地や削り上がりといった部分でも、ボストンならではのものを持っていて、カッター部分は一般の携帯用鉛筆削りと同様の一枚刃という仕様ですが、こわれにくい簡単な構造ゆえに安心して使うことができるのが嬉しいですよね。

また、電源としては単三電池4本のみという仕様で外部電源はありませんが、これもまた机のどこにでも置けるということや、どこにでも持っていけるということを考えれば利点ですから、場所を特定せず鉛筆削りをどこでも使いたいと言う人にはピッタリと言えるでしょう。

そして、カラーがパステルトーンのライトブルーとクリームイエロー、それに加えてダークレッド、グレーと4色用意され、比較的バリエーションが豊富なのもポイント。子供から大人まで、男女を問わない幅広い層を対象としたカラー設定になっています。
posted by Sharpener | 電動鉛筆削り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。