電動鉛筆削り5 - ボストン(BOSTON) ミニスタンドアップ

スポンサードリンク
アメリカでは、鉛筆削りといえば必ずその名があげられたボストン(BOSTON)。現在では、美術用刃物メーカーであるエグザクト(X-ACTO)に吸収され、さらに接着剤メーカーであるエルマーズ(ELMERS)傘下となったため、その名を見かけることは少なくなりました。

しかしながら、ボストンファンにとって朗報というべきか、なんとまだ”BOSTON”のロゴが入った鉛筆削りは市場にあって、その名も”ミニスタンドアップ”。シンプルな機能に特化した電動鉛筆削りで、直立型のユニークでスタイリッシュなデザインが特徴です。

ブラックの曲線的な本体に、フラットなスモークドのクリア樹脂製前面パネルを組み合わせたコントラストが鮮やかで、本体後ろ側の中央よりやや上部に、指を添えるためのグルーブが設けられているのも、デザインに変化を持たせながら実用を考慮したポイント。

そして、そのグルーブを使って本体をしっかりと抑えた上で、トップにある穴にゆっくりとまっすぐに鉛筆を差し込んで削らないと、しっかりと削れないところなどはいかにもアメリカの製品らしい特性で、それがこの鉛筆削りの”味”になっていると言って良いでしょう。

また電源は、単三乾電池を4本使用する内部電源のみといったつくりになっているのがミソで、気軽にどこへでも運ぶことができるようになっています。デザインとシンプル機能と味に加え、希少性まで持ったこの鉛筆削り、手に入れられるのは、ほんの短期間かもしれませんね。
posted by Sharpener | 電動鉛筆削り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。