手動鉛筆削り6 - ステッドラー(STAEDTLER) ノリスクラブ(NORIS CLUB)

スポンサードリンク
ステッドラーが、子供向けの文具として開発しているノリスクラブシリーズ。世界中の子供たちがより安全に使えるようにとの思想から、ヨーロッパの安全基準(EN71)に適合する安全性を持っているのが特徴です。

このノリスクラブにも2タイプのプラスチック製鉛筆削りがあって、ひとつは2つ穴ベーシックタイプの”512 001”と同様の形である、円筒形の”512 002”。そしてもうひとつが、円筒形を三角柱に近づけた形の”512 128”をラインアップ。

どちらも普通の鉛筆と極太鉛筆が削れるようになっていて、それぞれ、普通鉛筆用が23度、極太鉛筆用が30度という、鉛筆の特性を活かす角度で削れるようになっているのも、ベーシックタイプの”512 001”と同じ性能となっています。

基本的な形や性能に関しては、ベーシックタイプとほぼ同様ですが、筒の側面にノリスクラブシリーズであることを示すカラフルなラベルが貼ってありますから、子供向けとはいえ、好みで選んでも楽しいと思いますよ。

価格は”512 002”が500円(税抜き)、”512 128”も500円(税抜き)となっています。
posted by Sharpener | 手動鉛筆削り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。